メガリスの効果は微妙ではない

日本の病院で処方されているED治療薬には大きく分けて3つの種類があり、それぞれのジェネリック医薬品がいろいろ登場してきています。
ジェネリック医薬品というのは、基本的に元の薬と同じ成分を使用しているはずなのですが、製法や有効成分の含有量、コーティング方法などの違いによって副作用も変わってきます。
そこでメガリスの服用を考えているという場合、副作用についても知っておくと良いでしょう。
勃起は陰茎に血液が充満している状態なのですが、PDE-5という酵素がその働きを妨げているのです。
メガリスにはその酵素の働きを阻害する成分が配合されていることが特徴です。
メガリスの成分の特徴は、効果の持続時間の長さが挙げられます。
メガリスはジェネリック医薬品なのでかなりリーズナブルな価格となっており、1錠あたり約140円程度で入手することができます。
また、ジェネリックなので効果は元の薬と変わりませんし、最大で36時間効果が持続すると言われているため、食事や飲酒の影響などを受けにくいということも特徴です。
つまり飲むタイミングを考える必要がなく、食事の後でも気にすることなく使用できるというメリットがあるのです。
ちなみに、一般的な勃起不全治療薬に比べて副作用が少ないとされており、安全性の高さにも定評があります。
安全性が高い薬だと効果が微妙なのではないかと考える人もいるかもしれませんが、メガリスにはしっかりとEDを治療する効果がありますし、副作用が起きにくいので安心して服用することができるでしょう。
日本でメガリスを入手したいという場合、個人輸入を利用することになります。
さまざまな個人輸入業者がありますが、中には偽物を販売しているところもあるので注意しましょう。